令和3年度「学校づくりの基本方針」

①小さいけれど大きな力を発揮する学校づくりを進める

 「みんなを伸ばす」

 ・小さい学校だからこそ、教職員は一小っ子みんなへの理解を深めることができる。

  一人ひとりが持っている可能性や個性を理解し、それを伸ばすための教育活動を推進する。

 「みんながつながる」

 ・小さい学校だからこそ、一小っ子みんなが学年を超え、つながることができる。

  そのつながりを深めるための教育活動を推進する。

 

②地域とともにある学校づくりを進める

 ・家庭や地域との連携・協働による学習を通して、一小っ子が家庭や地域の人の思いにふれ、自分の生き方を考えていく教育活動を推進する。

 ・ふるさとさやまのことを知り、ふるさとを大切にする一小っ子を育てる教育活動を推進する。

 

学校教育目標

やる気と笑顔いっぱいの一小っ子

 

めざす子ども像  (あ・い・う・え・お)

あいさつできる子:自分から元気にあいさつする。

いっしょうけんめいとりくむ子:最後まであきらめずに努力する。

んどうする子:進んで運動し、健康に過ごす。

えがおかがやく子:自分のことを認め、大切にする。

もいやりをたいせつにする子:人とのつながりを大切にする。

 

めざす学校像と教職員の姿

○子どもたちが安心して学べる学校 

○子ども一人ひとりの可能性や個性を伸ばす学校

○家庭・地域とのつながりを大切にし、連携して取り組む学校

 

〇 公立学校の教職員としての使命感と教育的愛情にあふれた教職員

〇 互いを尊重して学び合い、支え合う教職員